インタビュー

「小麦を感じて!」阿波市の焼き菓子屋Sugar spot(シュガースポット)

どんなに安心、安全で良い食材を無添加で作っていたとしても、それがマズかったら台無しですよね。

でも、オーガニックの食べ物ってそんなものですか?

そんなのはイヤ、美味しいが一番上に来ないと…と考え、それを実現されている焼き菓子屋さんが阿波市にあります。

スコーンやクッキーなどの焼き菓子が大好きな方に超オススメ。

今回は阿波市にある素敵な焼き菓子屋Sugar spot(シュガースポット)さんをご紹介します。

  • 営業日は火、木、金の週三日
  • 家、お店もバランス良く
  • 徳島県土成町産の小麦から小麦粉を作るところから始める
  • 安心、安全であり、さらにその上に「美味しい」がくること
  • 小麦を「感じて」欲しい

店主さんはとっても優しそうなほんわかとした雰囲気の方なのに、このようなハッキリとしたこだわりを貫いた商品づくりをされてるんですよ。

どこを切っても「インスタ映え」なお店、阿波市のSugar spot(シュガースポット)

阿波市市場町、阿讃の山が間近に見える田園風景の中に忽然と現れるのが、スコーンやクッキーなど焼き菓子を売っているお店「Sugar spot(シュガースポット)」さん。

阿波市 焼き菓子 Sugar spot(シュガースポット)自宅併設の店舗はシンプルな外観

お店の規模は決して大きくはありませんが、中に入ると白を基調とし、カウンターやテーブルには木材を使用、カラフルなコーヒーカップやポットが整然と並べられた店内。

どこをどう切り取っても「インスタ映え」しそうな、オシャレで可愛らしいお店です。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット) スコーンカワイイ店内

阿波市のSugar spot(シュガースポット)、店主さんは家の事も、お店も、バランス良く…を貫く

このお店の店主は、ご結婚を期に福岡から徳島に移住されたという山添さん。

シュガースポットさんは一週間のうち、火、木、金曜日が営業日という、少し変則的な営業スタイルです。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子火、木、金曜日が基本営業日
山添さん
山添さん
家の事も、お店も、バランス良くやるには、これくらいがいいんです

とおっしゃる山添さん。なるほど、家庭だけ、仕事だけでもない、その中間もあるんですね。

山添さん
山添さん
徳島に来てビックリしたのは、とにかく食べ物が美味しい事です。でも主人にそれを言っても『え?そうかぁ?』という感じで…(苦笑)
阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子食器もカワイイ

徳島の美味しい食材を使ったお店がしたい!から始まったのがSugar spot(シュガースポット)

そんな美味しい徳島の食材を使って何か作ってみたい…と考えていた山添さん。阿波市土成町産小麦を使って作られた焼き菓子のお店がこのシュガースポットさんです。

この日は13時半頃にお店を訪れたのですが、残念ながらスコーンはもう売り切れでした(電話予約する事を超オススメします)。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子店主さんの作業も間近で見れる
山添さん
山添さん
申し訳ありません、小麦を曳くところから(ココで)してますので、どうしても多くは作れないんです。事前にお電話などでご予約頂ければご用意できますよ♪

との事。

え?ちょっと待ってください、小麦を曳いて小麦粉からココで作っているとは…すごすぎます。

お一人でやるには絶対に作業の限界がありますよ。無理はしないでくださいね。今度は予約してから訪問させて頂きます。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子 小麦から曳くこれは本物の小麦

気を取り直して、こちらも売り切れ寸前だったのですが、まだかろうじて残っていたクッキーを頂く事に。コーヒーも一緒に注文してみました。コーヒーも注文を受けてから挽くスタイル。このあたり、徹底されてますね。

当店では紙フィルターは使わず、金属フィルターを使います。
コーヒーの美味しさや香りは抽出したときに出るオイルにも依存している。しかしペーパーやネルのフィルターはその大切なオイルまでも吸収してしまいます。
紙フィルターを使用しないため、底に微粉がたまりますが飲んで頂いても問題ございません。もちろん、残して頂いても大丈夫です。

テーブルの上の案内には、このような説明書きがありました。う~む、とことん徹底されてますね。

このため、コーヒーが出てくるまでに少々時間は掛かります(それでも約10分ほど)が、このオシャレな店内で山添さんとお話ししながら待っている間、なんだか時間が経つのがゆっくりになったような…、そんな何とも言えない贅沢な時間に感じました。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子 山添さん時間の経ち方がゆっくりに感じる店内

ホットコーヒーには、ブレンドとダークロースト(深煎り)があり、この日はダークローストをチョイス。

やや苦みがあるというダークローストですが、シュガースポットさんのダークローストはとても飲みやすくてスッキリとした味わいでした。

美味しいが一番上に来ないと納得できなかった

そして、くるみのクッキーを頂きます。こちらはなんと卵やバター、牛乳を使っていないオーガニックなクッキーです。

美味しい!

一緒にお店を訪れていた妻が、思わず大きな声をあげました。

確かにこれは美味しい。

このような「オーガニック」な食べ物って、安心、安全なものを使っている事と引き換えに、やや食感が固かったりと、通常品より落ちてしまったり、美味しさがどこか物足りなかったりする事があります。

それはオーガニックなんだから仕方のない事…と思われているところもあります。

しかし、シュガースポットさんのクッキーは、オーガニックとかそういう事は関係なく、単純にとても美味しいです。小麦の良い香りが鼻の効きが鈍い私でも分かります。

少しクッキーをかじると何とも言えない心地よいサクサク感。

思わず目をつぶってクッキーを食べてしまいました。

山添さん
山添さん
いくら安心、安全な食材を使っていても、『美味しい』がそれよりも上に来ないと納得出来なくって
山添さん
山添さん
徳島産の小麦を『感じて』欲しいんです

と、笑顔で語ってくださった山添さん。

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子 山添さん店主の山添さん

とは言っても、初めからこの美味しさやサクサク感を出せたわけではなく「苦労しました」との事。

きっと、まだ人には話していない苦労話や秘話がありそうだったのですが、残念ながらこの日はそこまで伺う時間がありませんでした。

阿波市のSugar spot(シュガースポット) 小麦は徳島県阿波市産、そしてお店で皮付き状態の小麦粉にする

小麦を「感じて」もらうために小麦粉は「ふすま」を使用しているそう。

ふすまとは、ブランとも言いますが、小麦の外側の皮も含めた小麦粉の事

香りもすごいのですが、ミネラル(リン・カリウムなど)、ビタミンB1・B2・Eといった栄養素を豊富に含んでいます

お通じがよくなる…という効果もあります

この安心、安全で、身体にも良く、アレルギー体質の方にも優しくて、何よりも「美味しい」クッキーが4個入り200円ほどから買えてしまうなんて…。徳島にいて良かった、と感じる瞬間です。

阿波市のSugar spot(シュガースポット) 貫いた「こだわり」

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子こだわりを語る時は熱気が

当初、このような「こだわり」の店舗プランを周りの方に話した時、

「こんな辺鄙な場所でそんなにこだわりすぎたお店は上手くいくかなぁ…」
「もう少し色々と範囲を広げたら?」

といった声もあったそうだ。それでも山添さんは

山添さん
山添さん
そういうこだわりこそを、分かってくれるお客様もきっといるはず

と、とことん食材や作り方、そして何よりも「美味しさ」にこだわった商品を作り、お店に並べました。

お店を始めて約2年。そんな山添さんの「こだわり」はしっかりとお客様に伝わりました。今では、遠くからも予約をしてこのお店を目当てにこの阿波市の山の麓まで来たり、まとめ買いをしてくださるお客様がいらっしゃるそうです。

阿波市Sugar spot(シュガースポット)子供大好き、はらぺこあおむし

阿波市のSugar spot(シュガースポット)、ぜひ訪れてみてください

阿波市の焼き菓子のお店、シュガースポットさんのご紹介、いかがでしたか?

阿波市 Sugar spot(シュガースポット)スコーン 焼き菓子この看板が目印

焼き菓子がお好きなあなた。もし、まだこのシュガースポットさんを訪れた事がないのなら、ぜひ訪れてみる事をおすすめします。平日は仕事だから行けない?有給休暇を取ってでも訪れてみる価値のあるお店ですよ(断言します!)。

シュガースポットさんへ行くためのルート案内です。

シュガースポットさんの場所は阿波市市場町。県道12号線、通称「撫養街道」を通ってください。そしてローソン阿波病院前店がある信号交差点を県道2号線に進んでください。

川沿いを道なりに進むと橋があり川を渡ります。少し進むと、県道2号線は右に曲がり津田方面にいくのですが、そこを曲がらずに真っすぐに直進してください。

坂を少し進むと、右手にシュガースポットさんが見えてきます。

分かりやすくルートを一言で言いますと、ローソン阿波病院前店の交差点を県道2号線に入ったら、そのまま道なりに進むだけでシュガースポットさんの前に出ますよ

徳島ドルチェ イタリアンジェラート アイチャッチ
阿波市の名店「徳島ドルチェ」のジェラートで幸せなひと時を阿波市の県道12号、通称鳴門池田線沿いには、誰もが知ってるジェラートの名店「徳島ドルチェ」があります。 私は初めて訪問したのでレポ...
徳島県穴吹 カレー屋 スパイシー 白草社
穴吹の白草社、深呼吸したくなるスパイシーカレー(駐車場案内付き) と妻が言ってたので、徳島ヴォルティスのアウェイ試合を丸亀に観に行く途中、穴吹でこちらに立ち寄って、息子と食べてきました(妻は仕事...
店舗名 Sugar spot(シュガースポット)
住所 徳島県阿波市市場町大俣字宇佐159-1
電話番号 0883-36-1365
営業時間 火曜日、木曜日、金曜日の10:00~16:00
Facebook https://www.facebook.com/tokushima.sugarspot/?fref=ts
駐車場 店舗前の敷地内に3~4台の駐車スペースあり

ABOUT ME
ランキン@徳島で暮らして
ランキン@徳島で暮らして
レポート・インタビュー記事を含めた徳島地域密着ブログ「徳島で暮らして」管理人。徳島で頑張ってる&面白い人や企業を取り上げます。アラフォー/妻・息子と3人暮らし/元零細企業ダメ社長/会社は解散・清算/現零細不動産賃貸業/徳島ヴォルティスサポ。2011年名古屋から移住。徳島市新町橋付近で暮らしてます。 皐月賞馬イスラボニータの一口馬主でした。