三好市

祖谷ふれあい公園のモノライダー、奥祖谷モノレールよりもお手軽かつ景観抜群

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール

祖谷地方には観光用モノレールが二つあるのをご存知ですか?

一つは秘境にあり、乗車時間も長い(一周65分)奥祖谷観光周遊モノレール。もう一つが、今回ご紹介する「祖谷ふれあい公園のモノライダー」です。

祖谷ふれあい公園 モノライダー 乗り場 案内看板イイ味を出している看板

二つのモノレールには、どちらもいいトコロがあります。

ただ、「祖谷のかずら橋」をはじめ、その他の祖谷観光もしよう…という「多くの場所を回る、あれもこれも観光」を楽しみたいなら、断然「モノライダー」がオススメ。

当記事では

  • 「祖谷ふれあい公園」のモノライダー乗車レポ
  • モノライダー、奥祖谷観光周遊モノレールの比較
  • 「祖谷ふれあい公園」の場所、その他の施設紹介

をサラッとお伝えします。

奥祖谷二重かずら橋 男橋(おばし)
【道路画像あり】日本の原風景、奥祖谷二重かずら橋。野猿もあるでよ徳島県観光における西の横綱…と言えば、「祖谷(いや)のかずら橋」。 その「祖谷のかずら橋」からさらに奥に、「奥祖谷二重かずら橋」が...
天空の村・かかしの里 徳島県三好市東祖谷菅生(すげおい) 綾野月美
【ルート画像あり】徳島県東祖谷「天空の村・かかしの里」でノスタルジーに浸る「ヨサク(国道439号)沿いの山奥に、かかしの村がある」 こんなコトを耳にしたことはありませんか?最近はだいぶ有名になっているので...

「祖谷ふれあい公園モノライダー」乗車レポ

「祖谷のかずら橋」を目指す途中、大歩危から県道45号を通り、県道32号に合流する直前に「祖谷ふれあい公園」はあります。

地図では分かりづらいですが、その手前にある祖谷トンネルからは急激な下り坂になっており、その坂の途中に「祖谷ふれあい公園」はあります。

大歩危から上り、下りは少しありますが、大型の観光バスが双方通行できる立派な道なのでご安心を

祖谷ロマン橋

駐車場にクルマを停め、珍しいカタチの歩道橋を渡ります。

祖谷ロマン橋 単弦アーチ橋 アーチ部材を中央分離帯に一本だけ設ける向こうに見えるのがモノライダー乗り場

「祖谷ロマン橋」。この変わったカタチは「単弦アーチ橋」と呼ぶそうで、アーチ部材を一本だけ設けてる橋。歩道も曲がってるのが面白い。

難しいコトはよく分からんけど、超カッコイイ!
祖谷ロマン橋 単弦アーチ橋 アーチ部材を中央分離帯に一本だけ設ける見事なアーチが祖谷渓にマッチしています

「祖谷ふれあい公園」モノライダー乗り場

「祖谷ロマン橋」を渡ればすぐにモノライダー乗り場。

祖谷ふれあい公園 モノライダー 乗り場モノライダー乗り場

ちょうど係のおじさんが試運転から戻ってきたところでした。

乗り場の駅舎内にある自動券売機で切符を買って、おじさんに渡します。

さて、モノライダー。パッと見た感じでは二人乗りです。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール親子三人は乗れるのか?
親子3人一緒に乗れますか?
つめて乗ってくれればいいですよ

とのこと。ゆるくて助かりました。どうせなら一緒に乗りたいですもんね。

モノライダー乗車!

親子三人でつめて乗車。息子は「出発進行~!」と楽しそう。

ガガガガガ…と音を立てながらモノライダーは進みます。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールじゃないシグナルが赤から青に変わった~~

歩いてる時から見えていた急傾斜を一気に登っていきます。息子は大喜び。一番後ろに座った私に、息子と妻の体重が乗っかってきます。

しばらく登ると平坦区間に。

短い平坦区間が終わると、今度は山の斜面をくねくねしながら下ります。

ある地点からパッと視界が開けます。

下りは見晴らしが最高!

さっき通ってきた県道、道の駅、先にある祖谷渓などが一望できて、素晴らしい景観が楽しめます。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールじゃない小雨がパラつく日だったのですが、モノライダーに乗ってる時間帯だけ晴れ間がありました

下りもそれなりに傾斜があります。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールじゃない下りになると前方が開ける(画像では開けていませんが…)

息子を押し潰しちゃいけないので、両手両足で踏ん張ります。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールじゃない県道や、祖谷ロマン橋が見えます

踏ん張るのに必死でまともな写真がありませんが、景色は最高です。

そんなこんなで約8分間。モノライダーは終了。

祖谷ふれあい公園 モノライダー モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールじゃないおじさんが待っててくれますね

お手軽に楽しめる「祖谷ふれあい公園のモノライダー」

よく勘違いされるコトがありますが、今回ご紹介したのは、「祖谷ふれあい公園のモノライダー」と呼ばれている方のモノレールです。

モノライダーは一周8分

一周65分もかかる「奥祖谷観光周遊モノレール」よりもお手軽に楽しめます

山の中をひたすら進む「奥祖谷観光周遊モノレール」と違って、モノライダーは見晴らしもすごく良く、山や川など祖谷渓の景色が堪能できますよ

祖谷にある二つのモノレール。紛らわしいと思うので、比較してみました。

祖谷ふれあい公園モノライダー 奥祖谷観光周遊モノレール 比較 違い似て非なる祖谷にある二つのモノレール

なんか、奥祖谷観光周遊モノレールをディスってるみたいで少し気がひけるんですが…。誤解しないでください。

この記事では、お手軽に楽しむなら「祖谷ふれあい公園モノライダー」がオススメです…と言ってるだけです。

奥祖谷観光周遊モノレール。とても素敵なモノレールなんですけど、「お手軽」というキーワードで考えると、間違いなく「お手軽」ではありません。

まず第一に、秘境にあるため行くだけで大変です。観光バスが通れない狭い道を、「祖谷のかずら橋」からさらに1時間ほどかかります。

次に予約システムがないため、苦労してやっと着いてからも、すぐに乗れるとは限りません。夏だと早い人は朝5~6時から並んでいるとか…。

グーグルマップのクチコミを見て頂ければわかりますが、休日の朝9時に着いて13時に乗れました…という書き込みがザラにあります。

1時間以上乗れるのはスゴイんですが、長すぎて別の問題が出てきます。山の中を進むため、わりとすぐに飽きてしまう。

そしてトイレ問題。乗車前にいっていたとしても、トイレ間隔が早い人にはちょっと気になる時間です。

急傾斜なところがあるので踏ん張ったりする力も必要。

そして高額な乗車料金。大人は2,000円、子どもでも1,000円。もし親子4人乗ったら…6,000円。6,000円あったら…なんて事も考えてしまいます。

奥祖谷観光周遊モノレールは、時期にもよりますが、その日の祖谷観光のメインにする必要がある…といえるもので、ちょっと寄っていこう…という類のものではありません。

祖谷ふれあい公園、他にも興味深い施設がいっぱい

祖谷ふれあい公園にあるのは、モノライダーだけではありません。

フォレストアドベンチャーのキャニオンジップ(超大型ターザンロープ)

モノライダー乗り場からも見える祖谷渓に、長いワイヤーが張られているのが分かります。

祖谷ふれあい公園 フォレストアドベンチャー ロングジップ ターザンロープ キャニオンジップスライドお分かりいただけるだろうか?

この画像だと分かりづらいと思うので色をつけてみました。

ただのワイヤーなら気になりませんが、ワイヤーの先にはプラットホームのようなものがある。もしや…。

祖谷ふれあい公園 フォレストアドベンチャー ロングジップ ターザンロープなが~いワイヤー
あれって何なんですか?
あれに乗って、あっちからこっちまでいけるんですよ
ええ~、すごい

ロングジップ、またはキャニオンジップスライド…というそうです。長さは360m。川底からの高さは50mほどあるそうです。

子どもが大好きな「ターザンロープ」の超大型版…という感じですね。もちろん、きちんとハーネスなど装着して落ちないようになっています。

このあと、ロングジップのプラットホームに行ってみました(県道沿いにある)。

祖谷ふれあい公園 キャニオンジップスライド フォレストアドベンチャー ロングジップ ターザンロープすごそう

こちらも色をつけてみます。

祖谷ふれあい公園 フォレストアドベンチャー ロングジップ ターザンロープ往復できるみたいですね
ここをいくのか…スゴイな…

身長が140cm以上ないとロングジップには参加できない模様。現在4歳の息子がやるのはまだ当分先のようです。

トイレも綺麗

「祖谷ロマン橋」の手前にある物産館のようなところ。その端っこにトイレがあります。

意外なほど綺麗で清潔感がありました。

祖谷ふれあい公園 トイレ 祖谷のトイレ 綺麗素晴らしい!

ここに限らず、祖谷地方のトイレってどこも綺麗なんですよ。※個人の感想です

奥地にある「奥祖谷二重かずら橋」のトイレも、バイオトイレだったのですが非常に綺麗で驚きました

祖谷ふれあい公園モノライダー、まとめ

繰り返しますが、奥祖谷観光周遊モノレールがダメって言ってるわけではありません。

気軽な気持ちでハイシーズンに奥祖谷観光周遊モノレールに行くと「はまる」可能性がある…ってコトです。

「祖谷のかずら橋」「大歩危小歩危」などを一日で周ろうと考えてる場合、奥祖谷モノレールまで回るのは時間的に厳しいです。

そういう方にオススメなのが、この「祖谷ふれあい公園モノライダー」です。

アクセスもしやすく(「祖谷のかずら橋」へのルート途中にある)、値段も手ごろ(大人500円)、時間も手ごろ(一周8分)、景観は抜群です。

お子さま連れなら間違いなく楽しめますし、大人同士でも祖谷の景色に癒されることでしょう。ぜひご訪問ください。

項目名 祖谷ふれあい公園 モノライダー
住所 〒778-0101 徳島県三好市西祖谷山村尾井ノ内379
電話 0883-76-8585
乗車料金 大人500円 子ども300円
営業時間 9:00~17:00

他にも祖谷地方の記事があります。良かったら読んでください。

奥祖谷二重かずら橋 男橋(おばし)
【道路画像あり】日本の原風景、奥祖谷二重かずら橋。野猿もあるでよ徳島県観光における西の横綱…と言えば、「祖谷(いや)のかずら橋」。 その「祖谷のかずら橋」からさらに奥に、「奥祖谷二重かずら橋」が...
天空の村・かかしの里 徳島県三好市東祖谷菅生(すげおい) 綾野月美
【ルート画像あり】徳島県東祖谷「天空の村・かかしの里」でノスタルジーに浸る「ヨサク(国道439号)沿いの山奥に、かかしの村がある」 こんなコトを耳にしたことはありませんか?最近はだいぶ有名になっているので...
ABOUT ME
ランキン@徳島で暮らして
ランキン@徳島で暮らして
徳島密着ブログ「徳島で暮らして」主宰。ライティング、写真撮影、LINEスタンプづくりします。お気軽にお問い合わせください。(スキルレベルはブログ見て) 徳島ヴォルティスサポ。2011年名古屋→徳島市新町橋付近に移住。妻、4歳の息子と三人暮らしの40代。皐月賞馬イスラボニータの元一口馬主。イスラボニータLINEスタンプ配信中 https://store.line.me/stickershop/product/5956328/ja