徳島の開店情報

地域の架け橋に…那賀町木頭の山奥で「未来コンビニ」がOPEN

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO

徳島県那賀町木頭(旧木頭村)で4月24日OPENした「未来コンビニ」。

これまでは最寄りのコンビニまでクルマで約1時間掛かっていた…というこの町に、地域住民待望のコンビニができました。

  • コンビニらしからぬスタイリッシュな外観
  • イートイン・カフェブースあり
  • ベビーベット完備。バリヤフリー対応の「誰でもトイレ」
  • 地元木頭の名産品を使った商品、お土産を取り揃え観光客にも対応
  • 何よりも地元の方の暮らしに役立つ「コンビニエンスストア」としての基本機能
  • 人と人を繋ぐ地域の架け橋として

買い物難民という言葉が珍しくなくなった今日、このお店が地域で果たす役割は大きくなっていきそう。

買い物困難地域での新しいモデルとしても注目されそうです。どんなお店なのか気になったので、取材させて頂きました。

コロナ禍という事で、今回は事前にご相談させてもらった上で、訪問・取材させて頂きました。

これが「未来コンビニ」。外観、内観、トイレ、商品など

まずは気になる「未来コンビニ」の外観や内観などをズラリとご紹介します。
※店内の撮影許可・当ブログへの掲載許可を頂いております

未来コンビニ外観

なんと言っても目を引くのがこのスタイリッシュな外観。

カッコイイ!

モノトーン的な配色の中で唯一使われているカラーである「黄色」は、もちろん木頭ゆずの黄色がイメージとのこと。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 藤田徳島県木頭にある「未来コンビニ」。スタリッシュでありながらも奥に見える山の風景とも調和がとれている

建物のまわりには、ご覧のような大きめのウッドチップが敷き詰められており、近未来的な建物ながら温かみも感じさてくれます。

しっかりと乾燥させられているのか、サラッとした手触りでした
未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO手のひら大のウッドチップが敷かれている

入口側からはこんな感じ。

黄色くカラーリングされた幾何学的な形状の柱が、等間隔で店内まで伸びてます。このあたりは近未来的なイメージで「未来コンビニ」の名前ともマッチ。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOなんといっても柱が特徴的

外観の撮影中、すぐ近くにサルが出現。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOこのあたりでは珍しくもないのだろうが、やはりビビる
やっぱ山奥なんだな~

未来コンビニ内観

店内はこんな感じ。当店の母体でもある「4 PARK CAFE KITO」や関連グループの取り扱い商品が入口付近に陳列されていた。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOグループのオリジナル商品類

そのあとしばらくは通常のコンビニと同じような商品が並んでいます。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOお菓子は豊富に揃ってました

画像の一つ向こうの棚、一番低いところは駄菓子スペースのようになっており、小さなお子様でも買い物が楽しめるような仕掛けになっていました(撮影し忘れてしまった…あの黄色いケースです)。

未来コンビニは「子ども」をテーマに設計されたコンビニ…とのこと

お子様でも楽しめるお店になってます

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOあたり前だが基本的には「コンビニ」

ドリンク類もしっかり。アルコール類も充実しています。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOウォークイン
未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO天井が高いので圧迫感はない

通路が広いのでクルマ椅子の方でもお買い物が楽しめる。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO陳列棚同士の間は通常のコンビニによりもかなり広め

カフェスペース・イートイン

店内の奥にはイス・テーブルが用意されており、カフェスペース・休憩エリアとして使用が可能だ。

テーブルもさほど高くないので、子どもやクルマ椅子の方もそのまま利用できそう
カフェスペース 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO未来コンビニのカフェスペース
矢本結衣さん
矢本結衣さん
今は(コロナ禍で)無理ですが、このスペースを活かしてイベントを開催できればと考えてます

奥の大型テレビでは木頭の美しい自然や特産品・地域で活躍する人などを紹介する動画が楽しめる。

カフェスペース 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO木頭を紹介する映像が楽しめる

お水もサービスでいただけました。

カフェスペース 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO予算や衛生上の問題があるかもしれませんが、このお水を「ゆず水」にしてみても面白いかもと思いました

だれでもトイレ(バリヤフリー対応・ベビーベットあり)

山間部のコンビニでトイレを貸して頂くことって多いと思います。

今はコロナ禍で県をまたいだ往来は自粛が求められておりますが、本来ならばこの国道195号は徳島県と高知県を繋ぐ一般道での主要ルート。

このあたりはトイレを借りれる場所も少なかったので、そういう面でもありがたい。

二つある未来コンビニのトイレのうち一つは、「だれでもトイレ」と名づけられている。

バリヤフリー対応 だれでもトイレ 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO二つあるうちの一つはだれでもトイレ。バリヤフリー対応だ。もう一つは女性用トイレになっている

バリヤフリーに対応しておりクルマ椅子の方も利用可能。ベビーベットも備えられているので乳児連れの方にも助かる仕様になっている。

内部はこんな感じ。

バリヤフリー対応 だれでもトイレ 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOピカピカで清潔感のあるトイレ

ベビーベットスペース。

バリヤフリー対応 だれでもトイレ 未来コンビニ 国道195号ベビーベット

トイレ気になるマンの私としても、文句なしのトイレです。

木頭ゆずを利用した関連グループのオリジナル商品

未来コンビニは基本的には買い物難民になりつつあった、木頭の方向けに設立された施設です。

しかし、高知への交通の要所でもあるので観光客向けの商品も並んでいます。

産直市と普通のコンビニの間くらいな感じでしょうか

「4 PARK CAFE KITO」自慢のオリジナル商品。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO シャンプー コンディショナー木頭ゆずを使用したオリジナルシャンプーなど

系列の「黄金の村」商品も並んでいます。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 黄金の村ゆずピール、ゆず飴

人気商品の「きとうゆずサイダー」。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 黄金の村 ゆずサイダーOPEN週の人気第5位だったそう

「寒サバ木頭ゆずサバ煮」。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 黄金の村 寒サバ木頭ゆず味噌煮この地域の伝統品でもある

お土産もここでお求め可能。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 黄金の村木頭みやげもバッチリ

国道195号は高知県高知市、那賀町を経由して徳島市かちどき橋(国道55号と重複)に至ります。

四国の国道というと、国道439号(よさく)のような「酷道」をイメージされる方も多いと思います。

しかしこの国道195号は狭い区間は、那賀町折宇に2~3kmを残すのみ(この区間もすれ違い程度は問題ない広さがある)で、あとは片側1車線が確保されており、なかなか快適なドライブが楽しめる道路です。

徳島県側から走行すると、この未来コンビニを過ぎたあたりから四ツ足峠(トンネル)に向かい、いよいよ高知県に入ります。紅葉の名所「高の瀬峡」にも近い。

このあたりはコンビニがなく、道の駅などもない区間だったので、コロナが落ち着いたあとは国道195号・徳島高知県境付近のオアシスになること間違いありません。

未来コンビニは「ヤマザキショップ」が協力してる

未来コンビニはコンビニエンスチェーンの一つ、「ヤマザキショップ」の協力を得ています。

ヤマザキ 未来コンビニ 国道195号PB商品はヤマザキ
失礼ですが、こんなところまで納品してくれるんですか?
矢本結衣さん
矢本結衣さん
はい、来てくれるんです
さすがヤマザキ…

ここまで来てくれるのはヤマザキだけかも

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO未来コンビニからクルマで数分の場所の風景

ヤマザキのトラックと言えば豪雪時の「神対応」などでも知られています。

ヤマザキ 未来コンビニ 国道195号ヤマザキのトラックが納品に来ている様子:「未来コンビニ」のFacebookページより画像引用

ヤマザキは他の大手コンビニと違って各店舗に裁量権が任されてる部分も多いよう。

この未来コンビニも、ヤマザキの協力がなければ実現できなかったかもしれません。

「未来コンビニ」の店長、矢本結衣さん

こちらが未来コンビニの店長、矢本結衣さん。

矢本結衣さん 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO未来コンビニの店長、矢本結衣さん

矢本さんは岡山県岡山市のご出身。ご本人曰く『旅人』だったそうで、世界中を旅していたそう。

ふとしたことで、外国人の友人からこの木頭の事を教えてもらい、プロジェクトの事も知り、移住を決意されたそう。

ちなみに矢本さんは、コンビニで働くのは…
矢本結衣さん
矢本結衣さん
これが初めてです(笑)

商品やサービスも自分たちで考えた…というお店はまだOPENしたばかり。

矢本結衣さん 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOお昼のピークが過ぎたら今度は商品の補充。落ち着く暇はない(コンビニあるある)

まだまだ業務に慣れる…とまではいってないようですが、その笑顔からはとても充実感が伝わってきます。

少し気になったのですが、木頭にお店が少ない…とはいえ、まったくないわけではないですよね?

そういったお店との関係ってどうなんですか?

矢本結衣さん
矢本結衣さん
このあたりではお食事ができるお店は一軒ある…くらいでしょうか。そこは私たちもよく食べに行かせてもらってます

矢本さんによれば、未来コンビニのことはもちろんお伝えしてあり、応援もして頂いている…とのことでした。

木頭の人やお店といい関係で…という部分は、やはり大切にされてるようです。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOコンビニフードの調理にも少しずつ慣れてきたそう

未来コンビニは、木頭での生活が長い方が2名、そして矢本さんのように移住されてきた方が3名、計5名の方が中心となって運営していくそうです。

24時間営業ではない…とはいえ5名でこれだけのお店を回すのは大変そう…

そのうち、地元のコや育児中の方が短時間アルバイトで来たり…という感じで人が増えていくといいですね

いい意味でスタッフの皆さんの負担が軽減されることを願っております。

未来コンビニは地域住民の架け橋に

未来コンビニは、コンビニとしての事業はもちろんですが、人と人を繋ぐ役割も担えれば…と考えているそうです。

東西に24kmと長い旧木頭村。知り合いでも全然会わないことも珍しくないそうです。この日も見かけましたが、地元の方同士が

「お、久しぶりやな」「最近何しよん」

とコンビニ内で路地端会議。こんな光景も未来コンビニでは当たり前になっていきそう。

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO広い町内なので「久しぶり」…という会話も珍しくないらしい

「未来コンビニ」名物のソフトクリーム…は、無念のメンテナンス中

おそらくこの「未来コンビニ」の目玉、名物となるであろう「ソフトクリーム」を頂くのを楽しみにしていたのですが…、残念ながらマシンのメンテナンス中でした。

本来ならばこのようなソフトクリームが食べられたハズなのに~(画像は公式Facebookより引用させて頂きました)。

ソフトクリーム 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOソフトクリーム(ゆず塩):未来コンビニのFacebookより引用
ぐはあ!痛恨…

ちょうどお昼どきが終わった時間帯だったからなぁ~

まあでも、次回訪問の楽しみが残りました

…というわけで、未来コンビニのソフトクリームレポートは次回訪問したときに更新させて頂きます!

未来コンビニのソフトクリームに使われている牛乳は、24時間自然放牧した乳牛から採ってるそうでまさに「天然の牛乳」。濃厚ですっきりした味わいだそう。

ソフトクリーム 未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITOソフトクリームは次回のお楽しみに

木頭は来年にはマンガ図書館(マンガライブラリーホテル)などのOPENを控え、ますます面白くなりそう

未来コンビニは「4 PARK CAFE KITO株式会社」が運営。一号店は徳島阿波おどり空港内の「4 PARK CAFE KITO」カフェとして既にOPEN済みです。

これらは木頭出身で株式会社メディアドゥ社長・藤田恭嗣さんが進めているプロジェクトです。

藤田さんは出身地であるここ木頭の地域振興・地方創生(それに徳島県も)に力を入れてます。

当記事でレポートしてる「未来コンビニ」の他…、「CAMP PARK KITO(HP,Facebook)」、「ファームパーク木頭(予定)」、「柚子パーク木頭(予定)」などがあります。

目玉企画!?マンガライブラリーホテルが楽しみ

そんな中、筆者が一番楽しみにしているのは…「マンガライブラリーホテル(マンガ図書館)」です。

マンガ図書館構想は2017年から公表されている事業。

当初は未来コンビニの近くにあった「旧北川小学校」を再利用する予定だったのですが、耐震性や湿度管理の問題で校舎が本の保管には適さないことが判明、小学校近くの土地を利用して新規建築されることなったそう。

普通なら計画が頓挫してもおかしくないのに、ぜったいに諦めないところがさすが藤田さん

木頭は日帰りで行って行けないことはないけど、1~2泊した方が満喫できる…ということで、この「マンガライブラリーホテル」も滞在型マンガ図書館となる予定です。

マンガライブラリーホテルのイメージ図
自然の中でマンガを一日中読んでみたいですね~

ちょっと目が疲れたら川のそばをブラブラしてリラックスしたり、この未来コンビニによって休憩もできそう

藤田さんが進めるこれらの事業。

単なるハコものではなく、それ以外にも「人」や「もの」「技術」が付随してくるところが従来の単純な町おこしとは異なる点です。

※ちなみに旧北川小学校は「柚子パーク木頭」の農泊施設になるそうで、なんとか活かそうとされてます

未来コンビニはまだまだこれからの事業

個人的な感想ですが、未来コンビニはまだまだこれからの事業だと思いました。

普通のコンビニではとても建てられないような場所に建ててるわけですし、周辺住民の人数が少ないので、通常のコンビニのようにお店単体で黒字に持っていくのは非常に困難でしょう。

しかし、目玉の「マンガライブラリーホテル」を始め、藤田さんのパーク構想が全て完成すれば、それらのお客さんが買い出しのためにこの「未来コンビニ」へ訪れることでしょう。

また、コロナ禍が収束すれば、ツーリング客や高知県側の住民の利用も増えてくるかもしれません。

また、未来コンビニからの配達を委託したり…なんてことを考えてみても面白いかも…(ウーバーイーツ的なイメージ。これは賛否ありそうですが)。

「未来コンビニ」まとめ

以上、木頭にできた「未来コンビニ」の簡易レポートでした。

本来ならば、「KITO DESIGN HOLDINGS」グループTOPの藤田恭嗣社長も来店してオープニングイベントを催す予定もあったそうですが、コロナ感染拡大に伴いとくに告知・イベントはせずに開店する「ソフトオープン」となりました。

現在はコロナ禍なので、徳島県在住でも県北などにお住まいの方が、このお店の訪問だけを目当てに訪れることは避けた方が無難かもしれません。

コロナが収束したら高知県へは195号を通って、未来コンビニに立ち寄って…などなど楽しみにしましょう
店舗名未来コンビニ(facebook
住所771-6512 徳島県那賀郡那賀町木頭北川いも志屋敷11-1
電話番号0884-69-2620
営業時間7:00~20:00
定休日木曜日
駐車場一般車両9台、身障者用1台

未来コンビニ 徳島県那賀町木頭 4 PARK CAFE KITO
ABOUT ME
ランキン@徳島で暮らして
ランキン@徳島で暮らして
徳島密着ブログ「徳島で暮らして」主宰。 徳島近郊のちょっとした配達、ライティング、写真撮影、LINEスタンプ作りします。記事制作・お仕事依頼はお気軽にお問い合わせください。 徳島ヴォルティスサポ。2011年名古屋→徳島市新町橋付近に移住。46歳。妻、5歳の息子と三人暮らし。 皐月賞馬イスラボニータの元一口馬主。イスラボニータLINEスタンプ配信中 https://store.line.me/stickershop/product/5956328/ja