MENU
徳島グルメ

徳島市東新町を盛り上げたい!PONT NE UF(ポンヌフ)ってどんなトコ?

PONT NE UF 東新町商店街

地方都市の商店街が寂しくなって、もうずいぶんと時間が経っています。

徳島も例にもれず、かつてはすごい混雑だった…という東新町(ひがししんまち)商店街も、今では奥まで見通せるほど。日が沈めば通り抜ける人もおらず、といった現状です。

そんな中、「東新町にまた賑わいを」と立ち上がったお店があります。

今日は東新町商店街の入り口にお店をつくった「PONT NE UF(ポンヌフ)」さんと、お弁当をご紹介します。

PONT NE UF(ポンヌフ)って?

PONT NE UF 東新町商店街

「PONT NE UF(ポンヌフ)」は、徳島市東新町商店街の入り口にあるPont Neuf(ポンヌフ)は、フランス後で「新しい橋」という意味。素敵な名前ですね。

東新町商店街をつなぐ「新しい橋」になりたいという事でしょうね。このお店は東新町商店街の入り口にあるので、まさにその名前の通りです。

また、近くにある「新町橋」とも語感がかかってますね。

PONT NE UF(ポンヌフ)は、ファッションデザイナーでスタイリストの久野淑子さんと1級建築士の野田雅之さんが中心となって運営。

現在は、松茂町にある食堂「ソライロテーブル」さんのお弁当、徳島市八万町のパン屋「メーアコルン」さんのパンなどを日替わりで販売しています。

現在のところ、このお弁当の販売がメインとなっている感じがしました。

徳島新聞の記事によれば、PONT NE UF(ポンヌフ)さんのスペースを提供して商品を置いてみたりといった事も出来るようです。お店には、デザイナーである久野さん自身の作品も置いてありました。

PONT NE UF(ポンヌフ)、店内の様子

では早速、PONT NE UF(ポンヌフ)さんの様子をご覧いただきましょう。

こちらがソライロテーブルさんのお弁当。多くの場合、どれも500円(税込)ほどだそうです。あとで食レポしますね。

PONT NE UF 東新町商店街この日は火曜日だったので、ソライロテーブルさんのお弁当がぎっしりと積まれていました

壁ぞいのテーブルには久野さんの作品がズラリと。

PONT NE UF 東新町商店街ファッションデザイナー久野さんの作品

たくさんの買い物もどんとこいの買い物バッグ。

PONT NE UF 東新町商店街買い物バッグも久野さんの作品

お店の広さは5坪。小さくて可愛らしいお店です。

PONT NE UF 東新町商店街PONT NE UF(ポンヌフ)の店内

現在の主力商品、お弁当のお知らせボード。

PONT NE UF 東新町商店街お店の外。お弁当の内容が分かるお知らせ

PONT NE UF(ポンヌフ)で買った、ソライロテーブルさんのお弁当食レポ

良いお天気だったので、阿波踊り会館前のお遍路小屋で、PONT NE UF(ポンヌフ)で買ったお弁当を食べてみました。

こちらは雑穀米、トマトソースの唐揚げ、里芋、レンコンのお弁当。

PONT NE UF 東新町商店街 ソライロテーブルさんのお弁当こちらは私が食べたトマトソースの唐揚げ弁当

おかずのアップ。唐揚げってアツアツだと、たいていどんな唐揚げでも美味しいですよね。

唐揚げの本当の勝負は冷めてから。こちらソライロテーブルさんの唐揚げは冷めてても、ベトッとしてなくて美味しいんですよ。なんでなのかなぁ。

私も以前は唐揚げを揚げていたので、これはスゴイな…と思いました。スダチも大きいし、汁がたっぷり。ニンジンのシャキシャキが唐揚げと合うんだコレがまた。

PONT NE UF 東新町商店街 ソライロテーブルさんのお弁当トマトソースも久しぶりだったけど、酸味と甘味が絶妙!

里芋も今シーズンは初めて?だった気が。ホクホク加減が絶妙。レンコンも優しい味とコリコリ感が最高。

PONT NE UF 東新町商店街 ソライロテーブルさんのお弁当久しぶりに里芋を食べました。決して濃くはないのですが、絶妙な味付けとふっくら感でめちゃウマ
なんか、絶妙!最高!

しか言ってない気がしますが、本当にそうなんですから仕方ありません

妻が食べた方はコチラ。チキンだったかな?

PONT NE UF 東新町商店街 ソライロテーブルさんのお弁当なにやらもにょもにょ言いながら幸せそうに食べてました

一見すると少なそうに見えるのですが、男性の私でも腹八分の満足感。女性ならお腹いっぱい…という方もいらっしゃるくらいのボリュームでした。雑穀米だからですかね?見た目以上はありましたよ。

ソライロテーブルさんのお弁当は現在、火、水、木曜日に販売されているそうです。お昼時に新町周辺に来られる事があれば、ぜひ一度お試しください。

PONT NE UF 東新町商店街 ソライロテーブルさんのお弁当ソライロテーブルのお弁当は火、水、木

東新町商店街にまた人が戻る日は来るのか

PONT NE UF(ポンヌフ)さんが目標とされているのが

「東新町商店街にまた人を」

という事でした

ただ現状としては、まだまだ越えなければいけない山がたくさんありそうです。

PONT NE UF 東新町商店街お昼どきの東新町商店街、なかなかに厳しい…

商店街というのは、やはり何よりもまずお店がたくさんあるって事が第一だと思うんですよね。

お店同士が連なる事による相乗効果で、人が集まってくる…という感じ。

現在の東新町商店街は、営業しているお店が少ないというのがどうしてもネックになっていますよね。

それでも、今回の「PONT NE UF(ポンヌフ)」さんのように、本業が他にありながらも、こうやって商店街に出店される志が高い方もいらっしゃいます。

画像で見えてるユーフォテーブルシネマも、ユーフォテーブルの近藤光社長が空きビルだったところを映画館にしてしまったという、驚異的なサポートで出来た場所です。

どのようなカタチであれ、まずはお店が増えてくれればいいな…というのがあります。

PONT NE UF 東新町商店街建設工事中の阿波銀本店営業部が出来たら、少し人の流れが出来るかも

商店街は、地主さんの考えや、商売として成り立つのか、何よりも多くの人の思惑…という事も絡んでくるので、ここで一言で済ませられるような簡単な問題ではありません。

ただ、誰もが「また賑やかな商店街を」という気持ちはあるはず。その根底の思いの部分でうまく手を取り合える事が出来ればいいなと思います。

PONT NE UF(ポンヌフ)さんの向かいは阿波銀行の本店営業所が工事中。ここに窓口がある銀行が出来ればまた少し人の流れも出てきそうなので楽しみですね。

PONT NE UF(ポンヌフ)さんに商品を置いてみよう

PONT NE UF(ポンヌフ)さんは、スペースを貸すよ…という事も挙げてらっしゃるので、洋服や雑貨、本などを制作されてらっしゃる方は、利用されてみてはいかがでしょうか?

条件などの詳細はPONT NE UF(ポンヌフ)さんに聞いてみないと分かりませんが、きっと若い方、熱意のある方なら支援してくださるでしょう。まずは聞いてみてください。

徳島 食堂 TOTTO79 マツコ 焼売 魯肉飯(ルーローファン) 2019年現在のメニュー
徳島市中通町にランチが出来る食堂「TOTTO79」さんがOPEN徳島には という場所に、美味しくて本物の食材のみを使った定食が食べられる、TOTTO79さんという食堂があるんですよ。 ...
徳島へ来たらオーバッシュ(O-ba'sh crust)のパンで元気になろう徳島はパンも良いお店が多いです。 中でも常に人気上位に来るのが、今回レポートするオーバッシュ(O-ba'sh crust)のパンで...

PONT NE UF(ポンヌフ)さんまとめ

店舗名 PONT NE UF(ポンヌフ)
住所 徳島県徳島市東新町1-5(東新町商店街の入り口あたり)
HP https://www.facebook.com/PONT-NEUF-%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%95-577485552619839/?tn-str=k*F
備考 Facebookでいろいろと告知されてます

ABOUT ME
ランキン@徳島で暮らして
ランキン@徳島で暮らして
徳島密着ブログ「徳島で暮らして」主宰。 ライティング、CMS入稿、写真撮影、LINEスタンプ作りします。お仕事依頼はお気軽にお問い合わせください。 徳島ヴォルティスサポ。2011年名古屋→徳島市新町橋付近に移住。妻、4歳の息子と三人暮らしの40代。 皐月賞馬イスラボニータの元一口馬主。イスラボニータLINEスタンプ配信中 https://store.line.me/stickershop/product/5956328/ja