インタビュー

片寄食料品店の出張カキ氷屋さんで、本物のシロップを味わう

片寄食料品店

徳島で暮らしてる皆さん、暑い日が続いてますね。

暑い日の定番と言えばやっぱり「カキ氷」。徳島にもいくつかカキ氷の名店がありますが、今日は出張カキ氷屋さん「片寄(かたよせ)食料品店」さんをご紹介します。

片寄食料品店の出張カキ氷屋さん
  • 徳島の美味しい食材を活かした無添加シロップ
  • 安心、安全で、なによりも美味しい
  • いつ、どこに現れるか分からない神出鬼没さ(事前にFacebookで分かります)
  • 手回しによるきめ細やかな氷のシャリシャリ感(阿波踊り期間は除く)

こんな片寄食料品店さんのカキ氷を、今日はご紹介します。ぜひご覧ください。

神出鬼没のカキ氷屋さん

suger spot(シュガースポット)さんを尋ねた当日は、実はもう一店舗立ち寄っていました。

それがこちらの片寄食料品店さん。

前回のsuger spot(シュガースポット)さんの記事のアイキャッチ画像で掲載していた写真。この写真のホラ、ここに写ってるでしょ、笑。

片寄食料品店片寄食料品店の出張カキ氷屋さん

コチラの片寄(かたよせ)食料品店さんを運営されているのは、片寄やすこさん。

片寄さんも実は移住で徳島にやってこられた方で、埼玉県がご出身だそうです。徳島県もさりげなく移住者って多いですよね。

ご職業は「片寄食料品店」

片寄さんは、どれが本業?と言えないほど、様々な顔をもってらっしゃいます。

片寄さんと言えば、一番有名なのが「豆腐マイスター」。

他にも栄養士、またある時は徳島の地元テレビでもご出演される料理研究家、そしてお料理教室の講師さん…。

はたまたこの日のように、出張カキ氷屋さんになったかと思えば、最近では上板町で子供達に色んな事を教える「自分のままいきる場所 La・shi・ku」をご友人と企画していたり…と。きちんと数えたら10は超えるんじゃないかと?というほど、たくさんの肩書きをもってらっしゃいます。

ご本人も

片寄さん
片寄さん
私、いろいろ手を出しすぎなんですよ

と苦笑いされていました。

でも、それって、片寄さんがそれだけやりたい事がたくさんある、出来る事がたくさんある、という事ですよね。スゴイ方なんです。

そして、片寄さんの行動に共通しているのは、全て「食」に関連している、という事。

片寄さんと言えば「食べ物」なんです。全部ひっくるめてご職業=「片寄食料品店」、という事でよろしいですよね?

片寄やすこさん

徳島の食材を使った無添加シロップが絶品

この日は昨年から始めたという、出張カキ氷屋さんの出店。暑い中、シュガースポットさんの敷地内の駐車場でお店を出してました。

この日のメニューは「桃」「ぶどう」「いちご」「スダチ」「梅」。

片寄食料品店出張出店を知り、どこからともなくお客様がやってくる

すだちは本場の神山町産。他は全て阿波市産の果物を使った無添加シロップだそうです。

片寄さんの作るシロップは、suger spot(シュガースポット)さんと同じく、安心、安全というのはもちろんなのですが、何よりも「美味しい」んです。

この日は「試してみたら美味しかったので、皆さんにオススメしてます」、という桃とすだちをミックスした「桃すだち」をお願いしてみました。桃の甘味とすだちの柑橘が爽やかにミックスされて、なんとも言えない美味しさです。

さらに、お代わりで今度は「ぶどう」をお願いしました。こちらもぶどうが丸ごと入っていて美味しかったです。

コチラは二杯目の「ぶどう」

なぜ、イチオシの「桃すだち」の写真がないのか、というと、せっかくのカキ氷も暑さには勝てずすぐ溶けてしまうから、写真を撮る前に一気に食べてしまったからです(苦笑)。

とにかくこの日は暑い!いや、「熱い」日だったのです。

せっかく片寄さんが、一生懸命に手回しの機械で丁寧にきめ細かいカキ氷を作ってくださっても、一瞬で溶けてしまいます(涙)。とにかく時間との勝負!的な感じになり、急いで口に放り込みました。

ちなみに、片寄さんがさりげな~く使っている、こちらのカキ氷の機械。

初雪 手動式ブロックアイススライサー HA-110S HA110S初雪 手動式ブロックアイススライサー

調べてみたら、AMAZONで新品52,800円、中古でも31,440円というお値段の、超高級品なのでございます。

値段が全てではないと思いますが、これで作ったカキ氷、氷が全然違いますもん、ホントに。

記者のおすすめはブルーベリーカキ氷

片寄食料品店さんは、6月に上勝町で開催されたヤマビコミュージックフェスタでも出店されてました。

その時はブルーベリーもありまして、あの時はこの日ほどは暑くなかった事、さらに古民家の涼しい家だった事もあって、カキ氷を食べる「条件」が良かったんですよね。

それもあったのかもしれませんが、見てください、このブルーベリーシロップ!超美味しいそうじゃありません?実際めちゃくちゃ美味かったんですよ。

“伝説”のブルーベリーカキ氷

そして、出来立てカキ氷のシャリシャリ感!きめ細かい氷の結晶が、何ともいえない風味を作り出していたんですよ。大袈裟かもしれませんが、私の中では”伝説”化しています。

阿波踊りで片寄食料品店さんのカキ氷が食べられる

この日頂いたシロップもとても美味しかったのです。…が、思い出補正?もあるのかもしれませんが、私はあのブルーベリーシロップのカキ氷をもう一度食べたいですねえ。

そんな事をぼやいていたら、

片寄さん
片寄さん
今年の阿波踊り(8/12~8/15)に出店しますよ

という、嬉しい情報が。

しんまちボードウォーク、地ビール屋さんのAWA新町川ブリュワリーさんの向かいああたりに阿波踊りの期間中、四日間すべての日にご出店される(阿波市のカレー屋さんアワシャンティさんとの共同出店)…という事です。その時にはおそらくブルーベリーシロップもある、という事です。本当に楽しみが出来ました。

※アワシャンティさん、昨年も阿波踊りに出店されてたそうなのですが、カレーはそれほど売れなかったので今年はカキ氷になったそうです:笑

阿波踊りの本番は当然、夜。いくら日中が暑かったとしても、夜なら多少は涼しくなり、この日みたいにすぐに溶けてしまう事もないでしょう。

片寄さん
片寄さん
多分、すごい人数のお客さんがいらっしゃると思うので、この手回しの機械も持っていきますけど、やむを得ず電気の機械で氷を作るかもしれません

いやいや、それは仕方ないですよ。阿波踊りはとにかく半端ない人の数ですから、手回しでやっていてはお客様を捌ききれませんし、肩を壊してしまいますよ。

ですから、私の時だけ手回しで作ってくだされば…(ォィオィ)、というのは冗談です。

阿波踊りでは多くのカキ氷屋さんが出店されると思いますが、多くのお店が業務用スーパーで売ってる市販のシロップを使っていると思います。

あれはあれでジャンクな良さがありますが、もしふれあい橋のボードウォーク近くを通るならば、ぜひ片寄食料品店のカキ氷を食べてみてください

シロップの深みがすごいですから。保障いたします!

夏の徳島のオススメ、片寄食料品店の出張カキ氷屋さんのご紹介でした。

阿波踊り出店中の片寄食料品店を訪れてみた ※2018/8/12追記

阿波踊りでご出店中の片寄食料品店を訪ねてみました。

場所は場所は新町橋のたもとにある地ビール屋さんAWA新町川ブリュワリーさんの向かいです。

片寄食料品店 阿波踊り出店場所このあたりです

メニューはこんな感じに。

片寄食料品店 阿波踊り全て徳島の果物から作った無添加シロップ

早速、大好きなブルーベリーを注文させて頂きました。

片寄食料品店ブルーベリーかき氷ブルーベリーかき氷

さすがにこの人出なので、事前に聞いていたように、手回しではなく機械で氷を作ってらっしゃいました。氷が落ちそうになるくらい山盛り、さらにこの絶品シロップも満遍なく、絶妙なバランスでかけてくださいました。

出張かき氷屋さんという事で、普段はなかなか県外の方に味わってもらう事が出来ない、この片寄食料品店さんのかき氷。ぜひ、この阿波踊りの機会にご賞味頂ければと思います。

片寄食料品店さんまとめ

店名 片寄食料品店
住所 出張形式。神出鬼没なのでFacebookでチェック
HP 片寄さんのFacebookページ
ツイッター https://twitter.com/kodomotooyatsu?lang=ja
「小麦を感じて!」阿波市の焼き菓子屋Sugar spot(シュガースポット)どんなに安心、安全で良い食材を無添加で作っていたとしても、それがマズかったら台無しです。 でも、オーガニックの食べ物ってそんなもの...
ABOUT ME
ランキン@徳島で暮らして
ランキン@徳島で暮らして
徳島密着ブログ「徳島で暮らして」主宰。 ライティング、CMS入稿、写真撮影、LINEスタンプ作りします。お仕事依頼はお気軽にお問い合わせください。 徳島ヴォルティスサポ。2011年名古屋→徳島市新町橋付近に移住。妻、4歳の息子と三人暮らしの40代。 皐月賞馬イスラボニータの元一口馬主。イスラボニータLINEスタンプ配信中 https://store.line.me/stickershop/product/5956328/ja